中学入試 社会の勉強法/基礎・中堅・難関

社会の参考書ランキングのページです。

社会の勉強法のページです。

社会の参考書活用法 (中学入試)

基礎固めプラン : ゼロから、基礎知識と要点整理暗記

目標点:
7割以上
期間:
5か月

要点整理

基礎知識

問題演習

教科書ドリル

中堅校プラン : ゼロから、基礎知識習得と問題演習

目標点:
8割以上
期間:
6か月

要点整理

基礎知識

問題演習

教科書ドリル

難関校プラン : 基礎知識ありから、知識定着と問題演習の繰り返し

目標点:
9割以上
期間:
5か月

基礎知識

問題演習


中学入試の社会の勉強法についてです。
地理は、日本の47都道府県の、位置と名前をきっちり覚えることです。また、グラフの見方も訓練しましょう。
歴史については、年代の古い順への並び替え問題が多いので、時代の流れをつかみながら、各時代に何が起こったかを、チェックすることです。現代から過去にさかのぼって勉強するのが、よい勉強法です。人物、史料、年代ものの暗記も必要ですよ。
公民は、出題頻度の高いのは、時事問題と政治です。憲法と政治は暗記事項が、多いですよ。念入りに言葉の意味や構造を確実に覚えてください。
理科、社会を、がんばって勉強して、他の受験生との差をつけましょう。