大学受験 現代文の勉強法 (出口・船口・河合系)

現代文の参考書活用法 (抜粋)

出口系現代文 : 苦手意識を解消する基本プラン

目標点:
7割以上
期間:
10か月

読解公式 + 問題演習

オプション

出口系現代文 : 演習重点プラン

目標点:
7割以上
期間:
12か月

読解公式 + 問題演習

船口系現代文 : 攻略基本プラン

目標点:
7割以上
期間:
10か月

読解公式 + 問題演習

河合系現代文 : 演習中心の攻略プラン

目標点:
7割以上
期間:
12か月

読解公式 + 問題演習


大学受験の国語の科目の中では、現代文は簡単で、古文や漢文については苦手意識を持つ場合が非常に多い傾向にあります。そのため国語は、現代文の方で点数を稼ぐので、他の科目は苦手を克服しないままに大学受験に突入するといった、危険な賭けにでる方も見受けられます。
古文においては、古典単語の暗記や敬語についても重要になります。特に主語を省くことが多くなるため、主語を掴む目的で敬語を理解することが必須になります。大学入試で現代文を学習する際にはどのような勉強法を行えば良いのか、他の国語の科目と同様に、しっかりした学習計画をたてましょう。