大学受験 地理の勉強法 (センター試験・中堅)

地理の参考書活用法 (抜粋)

センター試験 : 短期攻略4か月プラン

目標点:
基本知識の習得
期間:
4か月

基礎知識

問題演習

中堅レベル : センター試験+2次試験論述 攻略プラン

目標点:
7割以上
期間:
7か月

基礎知識

問題演習

中堅レベル : とにかく知識重視プラン

目標点:
7割以上
期間:
7か月

基礎知識

問題演習


大学受験の地理に関わらず、すべての勉強において有効な方法は、記憶のメカニズムに即した手法をとることです。覚えたことも時間が経てば忘れてしまうのが人間というものです。地理で、1度勉強したことも、大抵2日、3日で半分ほど忘れてしまいます。しかし、その忘れかけたタイミングで再び地理を勉強すると、覚えていられる期間がのびていき、最終的にはしっかり脳に叩き込まれるというわけです。
また、日本の大学の最高峰「東大」に合格する人の特徴はまず、高校の授業を集中して聴くことだといいます。家での受験勉強は数時間という人が多いようです。2年生まで部活をがんばっていた人も多く、ただ長時間勉強するのではなく、いかに集中して効率よく受験勉強することが大切であるかがわかります。
さらに、東大合格者の多くは友達や親との関係もうまくいっています。このことから、人間関係の中で支えられていることが、大学受験に向けた勉強をするうえで重要なのではないかと考えられます。